国産あじかん焙煎ごぼう茶

2012年09月14日

便活ダイエット その12

本日も
小林弘幸先生の
著書「便活ダイエット」より紹介します。

排便力をアップさせるたった11の
便活ルール が解説されています。

本日は、
ルールI
眠りにつくタイミングの
癒しにこだわる
です。

心がふっとほぐれるような
自分なりの癒しを見つけよう

消化活動は、夜中、副交感神経が高い状態の時に
行われるそうです。
入眠する際の癒しにこだわれば、睡眠中の副交感神経が
上がり、腸もバッチリ活動する というわけです。
翌日のお通じにつながるそうです。
アロマを焚く、音楽を聴く等、
自分が癒されると感じることならOKですが、
癒しより”好き”の要素が強いと交感神経を高めて
しまうため注意が必要です。

何事もバランスが必要ですね。

今晩から、ゆったりとしたバイオリンのメロディを聴いて、
入眠したいと思います。

オススメはこれでしょうか?
renaissance(初回生産限定盤)(DVD付)


posted by シニアプログラマー at 08:00| Comment(0) | ダイエット方法

2012年09月13日

便活ダイエット その11

本日も
小林弘幸先生の
著書「便活ダイエット」より紹介します。

排便力をアップさせるたった11の
便活ルール が解説されています。

本日は、
ルールH
腸のゴールデンタイムに就寝する
です。

朝型の生活に切り替えて
0時以降は眠って過ごす

副交感神経は夜中0時過ぎにピークを迎える
のだそうです。

つまり、その時間帯に腸の活動も最も活発に
なるため、0時にはすでに眠っていることが
理想なので、夜やっていたことを朝にシフト
する等して、なるべく朝型の生活に切り替え
ましょう。

私もずいぶん前から朝型に切り替えました。
日の出とともに寝ざめる生活は人間のリズム
にも合っていると思います。

ただ、仕事で帰りが遅くなると、どうしても
寝不足になる点がネックですね。

posted by シニアプログラマー at 06:57| Comment(0) | ダイエット方法

2012年09月12日

便活ダイエット その10

本日も
小林弘幸先生の
著書「便活ダイエット」より紹介します。

排便力をアップさせるたった11の
便活ルール が解説されています。

本日は、
ルールG
38〜40℃のお湯で
半身浴を15分行う
です。

ぬるめのお湯で15分が
深部体温を上げる そうです。

ぬるめのお湯に15分くらい浸かることが、
深部体温をゆっくり上げ、副交感神経を高めるコツ
だそうです。

入浴後はパソコン等の強い光は避け、1時間ほどで
就寝を。眠る時は体温が下がるので、
上がった体温の低下と入眠が重なり、スムーズに
眠れます。

なかなか忙しい現代人。
ゆったりとした生活習慣なかなかままなりませんが、
眠る前だけはゆったりとしたいものです。
posted by シニアプログラマー at 06:59| Comment(0) | ダイエット方法
SEO対策テンプレート