国産あじかん焙煎ごぼう茶

2012年09月17日

便活ダイエット その15

本日も
小林弘幸先生の
著書「便活ダイエット」より紹介します。
本日のトピックは、
ホッとする温かい食事を摂ることが、副交感神経を
アップさせる。
です。

食後に働く副交感神経を高めるためには?

1)温かいものを食べること。
夏でも冷たいものはひかえめに。冷たいものを多く摂ると
胃腸が冷えるため、副交感神経が働きづらくなるそうです。
2)ゆっくりよく噛んで食べること。
よく噛むことで、唾液が増え、消化がよくなり、胃腸の負担
を減らすことができるそうです。
3)食事は楽しみながらいただくこと。
できるなら、楽しく会話をしながら食べる、
1人で食べる場合でもリラックスできる音楽をかけると
よいそうです。

いかがでしょうか?ちょっとした工夫で、便秘解消ができ、
ダイエットにつながりますね。
posted by シニアプログラマー at 16:28| Comment(0) | ダイエット方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

SEO対策テンプレート